コラム|都立大学駅の歯科・歯医者なら、医療法人社団隆心会 【こんどう歯科】

 
10:00〜13:30 × ×
15:00〜20:00 × ×

休診日:日曜日・祝日
※水・土の午後は 15:00 〜 18:00 まで

tel.

〒152-0022
目黒区柿の木坂1-30-11
フレンズ柿の木坂2階
※ビル1階がお花屋さんとレストランです

  • 地図
  • メニュー

人気のセラミック治療に欠かせない「セレック」とは

皆さんこんにちは。
都立大学駅の「こんどう歯科」です。

 

かつては詰め物や被せ物は、いわゆる「銀歯」が主流でしたが、最近はセラミック素材のものが普及して人気が高くなっています。

さらに、「CEREC(セレック)」というシステムのおかげで、セラミック治療が格段に簡単なものとなってきました。

 

セレックとは

セレックとは「ceramic reconstruction(セラミック修復)」の略で、ドイツで開発された技術です。
お口の中の形態を動画でコンピューターに取り込み、プログラム上で設計し、その設計通りにセラミックを削って被せ物や詰め物仕上げます。

今までは、被せ物・詰め物は歯科技工所に製作依頼をするため、完成までに長い時間と高い治療費が必要でした。
しかしセレックは、費用のかかるオールセラミックの被せ物・詰め物を院内で作成することにより、短時間・低コストで患者さんに提供できるようになりました。
特殊なケース以外は、高い品質を保ちつつ従来よりも安価でありながら、オールセラミックスを最短1日で、型取りから装着までの治療も可能です。

 

セラミックとは

セラミックとは、「ポーセレン」と呼ばれる歯科用陶材のことです。
金属の土台に焼き付ける「メタルボンド」のほか、金属を一切使わない「オールセラミック」や「ラミネートベニア」などに用いられます。

セラミックは、保険診療で使えるレジンと違い、天然歯に近い透明感やツヤが得られることから、前歯に入れても自然でほとんど目立ちません。
劣化も起こりにくく、ほとんど変色や傷が見られないため、汚れがつきにくく、再治療の確率も低くなります。
また、セラミックは陶器製で金属アレルギーの不安がない上、ブラックラインなど歯ぐきへの影響もありません。

 

セレックのメリット

オールセラミックで金属を使わないためアレルギーの心配もなく、天然歯に近い性質で見た目はもちろん使い心地も良好です。

また、セラミック治療の際には歯型を採る必要があり、これが不快だとおっしゃる方が多くいらっしゃいました。
しかし、セレックでは専用の光学カメラで撮影し、コンピューターで読み取るので、簡単に歯型の採取ができます

さらに、先に述べたように院内の機械で製作するため、治療期間が短縮でき、歯科技工士の技術の差もなくなります。

 

まとめ

当院ではセラミック治療にセレックを導入しています。
治療期間が長く、治療費が高いことがネックとなっていたセラミック治療ですが、セレックのおかげでより手軽なものとなりました。
当院は土日祝日も20時まで診療していますので、忙しくてセラミック治療が受けづらかった方にも行っていただきやすくなっています。
興味のある方は、お気軽にご相談ください。