コラム|都立大学駅の歯科・歯医者なら、医療法人社団隆心会 【こんどう歯科】

 
10:00〜13:30 × ×
15:00〜20:00 × ×

休診日:日曜日・祝日
※水・土の午後は 15:00 〜 18:00 まで

tel.

〒152-0022
目黒区柿の木坂1-30-11
フレンズ柿の木坂2階
※ビル1階がお花屋さんとレストランです

  • 地図
  • メニュー

お子さんの歯を守るためにフッ素によるむし歯予防

皆さんこんにちは。
都立大学駅の「こんどう歯科」です。

 

お子さんに歯科医院で「フッ素塗布」をしてもらった方は多くいらっしゃるでしょう。
また、「むし歯予防にはフッ素がいい」と聞いたことがあると思います。
でも、なぜフッ素が歯にいいのか、どんな効果があるのか、ご存知でしょうか?

今回は、フッ素についてご説明いたします。

 

フッ素とは

フッ素は自然界にも存在するミネラル成分です。
純粋なフッ素(F2)は常温では気体ですが、非常に不安定で、自然界ではNaF(フッ化ナトリウム)などの化合物として存在しています。
歯科で用いるフッ素も同じで、「フッ化物」と呼ばれるものです。

このフッ化物を歯に塗ることを「フッ素塗布」と呼びます。
歯科医院で、高濃度のフッ素を歯の表面に塗ってもらいます。
フッ素の効果を維持するためには、3ヶ月に1度のペースで塗布することをおすすめしています。

 

フッ素がむし歯に効果的なワケ

歯の表面のエナメル質は、カルシウムなどで構成される「ハイドロキシアパタイト」でできています。
歯は、食事の度に溶かされてカルシウムなどが溶け出す「脱灰(だっかい)」と、だ液の働きで再びカルシウムは歯に取り込まれて修復される「再石灰化」を繰り返しており、これによって弱かった歯も次第に丈夫なものへ変化していきます。
そして、フッ素には歯の再石灰化を促す効果があり、歯が溶けることを防ぎ、歯の質を丈夫にしてくれるのです。

とくに乳歯や生え変わったばかりの永久歯は、隙間が空いていたり、酸に弱い炭酸カルシウムなども多く混ざっていたりするため、非常に弱い状態です。
そのため、お子さんにはフッ素によるむし歯予防がよく用いられます。

さらに最近の研究で、フッ素はむし歯菌の発育の抑制や、むし歯菌による酸の産出を抑制する働きがあることも分かって来ました。

 

フッ素の安全性

フッ素は、単体だとガラスやプラスチックを溶かすほどの酸化作用があり、人間にとっては猛毒となります。
しかし先ほども述べたように、「フッ化物」は自然界にも存在する成分で、お茶、にぼし、こんぶなどのほとんどの食品に天然に含まれ、水道水や母乳にも含まれています。
「フッ素塗布は身体に悪くないのですか?」と質問されることがありますが、歯に塗る「フッ素」はこのようなものに含まれる「フッ化物」と同じ成分ですので、身体に安全なものです。

 

まとめ

このようにフッ素を塗ることで、何もしないよりむし歯から歯を守りやすくすることができます。
フッ素塗布はお子さまだけでなく、大人の方にも有効ですので、お子さんとご一緒に行うのもよいでしょう。

また、市販の歯みがき剤などにも濃度は低いですがフッ素配合のものもあります。
おうちで毎日取り入れることで、歯を丈夫にする効果が期待できます。

ご家族皆さんで、フッ素を有効活用して大切な歯を守っていきましょう。